北海道産のさつまいも「由栗いも」の焼き芋を半分に割る
北海道産さつまいも「由栗(ゆっくり)いも」の焼き芋,ゆっくり芋
北海道産さつまいも「由栗いも」,ゆっくりいも
北海道産さつまいも由栗いも,ゆっくりいも
北海道産さつまいも,由栗いも,ゆっくり芋
北海道産さつまいも「由栗(ゆっくり)いも」の箱
土から顔を出す北海道産さつまいも,由栗(ゆっくり)いも,ゆっくり芋
北海道栗山町にある井澤農園ののさつまいも畑
北海道産さつまいも「由栗(ゆっくり)いも」を収穫する女性,井澤農園

北海道熟成さつまいも『由栗(ゆっくり)いも』

通常価格¥2,273
/

サイズ
  • 在庫あり、発送可能
  • 在庫待ち

土の中で長い時間をかけて育った北海道のさつまいも。
本州産に比べて早めに苗を植え(5月中旬)、遅くに収穫(10月中下旬)。
大きくなるまでゆっくりじっくり。

栽培期間中は毎日の最高気温と最低気温をチェック、毎年の食味試験や収穫量の増減といったデータを収集し、ようやく自慢のさつまいもが出来上がりました。

品種は「べにあずま」ですが、本州産のホクホクとした優しい甘さのイメージに対し、北海道産の『由栗いも』はねっとり滑らかな舌触りと甘さが特徴です。

北海道の地でゆっくり育った自慢のさつまいも、ぜひ味わってください。

※10月下旬からの出荷を予定しております。

北海道産のさつまいもで作ったふかし芋,由栗いも

北海道でゆっくり育った

さつまいも

「由栗いも(ゆっくりいも)」は北海道の由仁町と栗山町に由来する地域ブランド名です。

井澤農園で育った北海道産の大きなさつまいも(由栗いも)
家族が「おいしい」と言ってくれるさつまいもを

北海道では栽培のなじみが浅い「さつまいも」を作ろうと思ったきっかけは、仲間農家たちの家族が好きな野菜だったからです。
私たちが目指すのは家族に安心して食べてもらうことができ、「おいしい!」と言ってくれるさつまいも作りです。

しっかりデータを取って栽培します

さつまいもが美味しく出来上がる基準の一つに「積算温度」があります。1日の最高温度と最低温度の差をさつまいもを栽培している期間中、足し続けることで出る数値が積算温度です。
積算温度をしっかり超えてから収穫することで、完熟した美味しいさつまいもを収穫することができるのです。
また、毎年各生産者ごとに収穫量や食味の試験を行うことで収量と味の安定化を目指し、お互い切磋琢磨しています。

北海道のさつまいも栽培
由栗いもの畑,北海道栗山町にある井澤農園のさつまいも畑
北海道の雄大な自然環境の中、時間をかけて。

さつまいもは通常、本州以南では6月中旬に植え付け、10月下旬に収穫を行いますが、北海道のさつまいもは5月中旬に植え、10月中下旬に収穫します。
同じ品種であっても他県産地より乾物率 (でん粉量の目安になります)が低く、調理するとほくほく感よりしっとりとした食感になります。
その代わり甘味が強くなる傾向があります(北海道立総合研究機構調べ)。

糖度を上げてから出荷。

さつまいもは収穫後、室温30℃、湿度90%以上を保つ環境で4日間寝かせた後(キュアリングという作業工程。収穫時についた傷が自然修復して長持ちするようになる)、一定温度に保った倉庫で2週間以上かけて熟成し、糖度を上げてから出荷しています。

倉庫で保管される北海道産のさつまいも

『由栗(ゆっくり)いも』の美味しい食べ方

由栗いもの焼き芋,北海道産さつまいもで作るやきいも

《オーブンで甘〜い焼き芋》

❶よく洗ったさつまいもをオーブンシートを敷いた天板に裸のまま乗せる。
❷Mサイズ以上のさつまいもであれば180度のオーブンで60分、140度に温度を落として60~90分焼きます。Sサイズは180度の加熱を30分程にし、140℃でじっくり軟らかくなるまで焼く。
❸さつまいもを指で押してふにゃっとしていれば完成。

由栗(ゆっくり)いもで作ったさつまいもの簡単コロッケ

《さつまいもコロッケ》

❶さつまいも(600g)を蒸し、お好みで皮をむき塩(小さじ2/3)を加えてよくマッシュする。
❷てんぷら粉(大さじ4~6)を表記の水で溶いたもの、パン粉(50g)をそれぞれボウルに入れる。
❸1をアイスクリームディッシャーで好みの量すくい、てんぷら粉液の中に入れてフォークで転がしひきあげ、パン粉に移して手でパン粉をまとわせ形を整える。
❹180℃の油でこんがり揚げて完成。

さつまいもの寝かせ炊き込みご飯

《寝かせ炊き込みご飯》

❶さつまいも(1本)をよく洗い、両端を切り落とす。
❷米(3合)を研ぎ、水を3合の目盛より大さじ1少なく入れ、1のさつまいもと塩(小さじ2/3)を入れてから30分ほど浸水する。
❸通常炊飯し、炊きあがったらさつまいもをほぐすようにざっと混ぜる。
❹再び炊飯器のふたを閉めて保温状態のまま2~6時間置き食べる。食べる時にお好みでバターや醤油をのせて召し上がれ。


そらち南さつまいもクラブのメンバー集合写真
作り手の紹介

そらち南さつまいもクラブ


私たちは2017年に発足し、2019年から本格的に始動した北海道のさつまいも生産・販売団体です。
夕張郡栗山町と由仁町の若手生産者&農業に携わるメンバー十数名で構成されています。
私たちのさつまいもは本州産に比べ、早めに定植&遅めに収穫をしなければ美味しいさつまいもができないことから、土の中に埋まっている時間が長い「ゆっくり」育つさつまいも。
そして、由仁町と栗山町の名前を両方取り、「由栗いも(ゆっくりいも)」と名付けています!
北海道の美味しいさつまいも。ぜひお召し上がりください!

商品詳細

由栗いも(品種:べにあずま)

◆SサイズB品(5kg/1.5kg)
・1本あたり100~200gのサイズです。
※芋の大きさと形状(曲がりなど)には個体差がございますので、ご了承ください。

◆【完売】2Lサイズ(5kg)
・300g前後の正規品が5kg箱に7〜10本入ります。
※2Lサイズはスーパーでもよく見かける大きめのおいもです。

特別栽培(農産物ガイドラインで定められている農薬基準量の半分以下)

直射日光が当たらない、12℃以下にならない場所(14℃キープが理想)で保存してください。乾燥しないように1本ずつ新聞紙に包んで段ボールに入れての保管がおすすめです。
上手に保管できると3月くらいまで持ち、どんどんねっとり甘く熟成されていきます。

そらち南さつまいもクラブ

「由栗いも」の収穫風景