北海道寿都産の生ニシン,マルホン小西漁業の船上活〆ニシン
北海道寿都産の生ニシンと卵巣,マルホン小西漁業のメスの船上活締めニシンの卵,数の子,かずのこ
北海道寿都産の生ニシンと白子,マルホン小西漁業のオスの船上活〆ニシンの白子,鰊の精巣
北海道寿都産の船上活〆ニシンの刺身と日本酒,生にしん
北海道寿都産の船上活〆ニシンの塩焼き,生にしんの焼き魚
北海道寿都産の船上活締め生ニシンで作ったなめろうと冷酒
北海道寿都産の船上活締め生ニシンと白子のソテー,赤ワイン
北海道寿都産の船上活〆生ニシンの白子ポン酢,鰊の白子
北海道寿都産の船上活〆生ニシンの卵巣で作った数の子,カズノコと日本酒

【これは旨い!】刺身で食べる活〆生ニシン

北海道の新鮮な海の味わいをそのままあなたの食卓へ。
北の春告魚「ニシン」の旬が到来しました!

一時は幻とまでいわれたニシンですが、最近では全道的に水揚げが増えてきました。
ここ寿都(すっつ)町でも種苗放流を行っていて、その効果があらわれているのかもしれません。

『匠の活〆』によりお刺身鮮度を実現!
ニシンは鮮度落ちが早い魚として知られていますが、水揚げ直後の船上活〆処理により鮮度抜群の状態でお届けします。一匹ずつ手間をかけた活〆は、刺身としての絶品の味わいを約束します。
産地で食べる美味しさを、ぜひご自宅で楽しんでください。

《おすすめの食べ方》
◆刺身
歯ごたえがある刺身はニシンのイメージを変えてくれます!適度に脂がのり、今までに食べたことのない食感、甘みもありとても美味しいです。
ニシンは骨の多い魚ですので、“骨切り”が必要です。35mm間隔で薄く削ぎ切りすると骨の食感が気にならず、美味しく召し上がれます。
★★アニサキスが入る場合があるため注意は必要です。★★

◆焼き
しっかり塩を振り、余分な水分を抜いて焼くとニシンの旨味を味わえます。

◆卵
自家製数の子に挑戦してみてください。絶品です。取り出した卵に大量の塩を振り水分を抜くと塩数の子が完成します。塩抜きをして味付けすれば完成です。市販の数の子が嫌いな方もバクバク食べられます!

◆白子
クリーミーであり濃厚すぎずにあっさりと食べることができます。白子ポン酢やバターソテーがおすすめです。

 《セット内容》
・活〆ニシン 2kg程度(610匹前後)
※オスとメスが混ざっており、日々の漁獲状況によっては比率に多少の偏りがあります。しかしながら、品質は最高レベルをお約束します。


通常価格¥2,062
/
日本海寿都沖の漁業,マルホン小西漁業の船と日本海と山

北海道の海からの贈り物

寿都沖で獲れる『ニシン』は、寒さ極まる1月の終わり頃から春を迎える5月までが旬。日本海の荒波に育まれた脂の乗ったニシンを、船上で素早く活〆処理を行い、獲れたての鮮度とともにお届けします。この時期にしか味わえない、産卵期ならではの卵や白子も魅力の一つです。

◆匠の活〆

荒れる日本海の船上で、こだわりの活〆処理を施し、“美味しい魚づくり”に挑戦しています。水揚げ直後により良い品質の魚体を見極め、活〆・血抜き処理した最高の鮮魚を使用しています。

日本海寿都町のマルホン小西漁業で船上活〆されたヒラメとサクラマス
北海道寿都産の鮮度抜群の生ニシン,マルホン小西漁業の船上活〆ニシン
◆ニシンは北の春告魚

北海道の春を告げるニシンは、日本海の厳しい冬を越えて、春にかけて沿岸に集まります。この時期は産卵に備えて身にたっぷりと脂を蓄え、お腹には卵や白子を抱えています。鮮度落ちの早い魚として知られていますが、船上での活〆により刺身で味わる新鮮さでお届けします。

◆プリプリの卵、クリーミーな白子

春のニシンは脂がのり、その美味しさが際立ちます。この時期、特に注目すべきはお腹に抱えられた宝物のような存在です。メスの卵はまるで海の中の小さな宝石のよう。一方、オスは白子を抱えており、これもまた独特の食感と味わいを持ち、グルメな楽しみを提供します。
※オスとメスは混ざっており、日々の漁獲状況によっては比率に多少の偏りがあります。

北海道寿都産の生ニシンと卵巣,マルホン小西漁業のメスの船上活締めニシンの卵,数の子,かずのこ
北海道寿都産の生ニシンと白子,マルホン小西漁業のオスの船上活〆ニシンの白子,鰊の精巣
北海道寿都産の船上活〆ニシンの刺身と日本酒,生にしん
◆まずは“刺身”で味わって

適切に処理されていなければ、産地以外で食べることが難しいのがニシンという魚。適度に脂がのり、今までに食べたことのない食感、甘みを楽しめます。薬味はわさびの他、ショウガやネギもよく合います。
骨が多い魚ですので、“骨切り”が必要です。3~5mm間隔で薄く削ぎ切りすると骨の食感が気にならず、美味しく召し上がれます。
★★アニサキスが入る場合があるため注意は必要です。★★

◆定番の塩焼き

活〆ニシンの塩焼きも絶品です。卵のプチプチとした食感と、身の豊かな味わいが見事に融合し、春の味覚を存分に楽しむことができます。白子はクリーミーな口当たりがジューシーな身と組み合わさり、まさに口福の極みと言えるでしょう。しっかり塩を振り、余分な水分を抜いてから焼くとニシン本来の旨味を味わえます。

北海道寿都産の船上活〆ニシンの塩焼き,生にしんの焼き魚
北海道寿都産の船上活締め生ニシンで作ったなめろうと冷酒
◆晩酌のお供に、ニシンのなめろう

生ニシンを使った「なめろう」は、日本酒との相性が抜群の一品です。3枚におろしたニシンの半身を細かく刻み、ネギやショウガ、味噌などと混ぜ合わせてねばりが出るまで叩きます。口に入れた瞬間に広がる豊かな旨味と風味は、日本酒のお供として最適です。特に、辛口や燗の日本酒と合わせることで、その絶妙な味わいをより一層楽しむことができるでしょう。

◆身と白子をバターソテーで

フライパンで軽くソテーすることにより、ニシンの身は外はカリッと、中はふっくらと仕上がります。一方、白子はその独特の柔らかさとクリーミーな味わいを保ちながら、軽く焼き上げることで、香ばしさが加わります。仕上げにレモンを絞ると、さわやかな酸味が加わり、味わいに深みが増します。

北海道寿都産の船上活締め生ニシンと白子のソテー,赤ワイン
北海道寿都産の船上活〆生ニシンの白子ポン酢,鰊の白子
◆白子ポン酢

ニシンの白子は、独特のクリーミーで滑らかな食感が魅力。軽く湯通しまたは蒸して、さっぱりとしたポン酢でいただくと、その味わいは格別です。白子のまろやかな味わいとポン酢の爽やかな酸味が絶妙にマッチし、口の中で溶け合うような感覚を楽しむことができます。他にも焼き白子や酒蒸しなどもおすすめです。

◆自家製プチプチ食感の数の子

ニシンの卵は「数の子」の原料ですので、ぜひ自家製にチャレンジしてみてください。取り出した卵巣が見えなくなるくらいの塩をかけると翌日には水分が抜けた塩数の子ができます。あとは食べたいタイミングで塩抜きをして、出汁で味付けすれば完成です。市販の数の子が苦手な方でも、自家製ならきっと気に入っていただけるでしょう。

北海道寿都産の船上活〆生ニシンの卵巣で作った数の子,自家製カズノコと日本酒
北海道寿都町マルホン小西漁業
作り手の紹介

マルホン小西漁業(北海道寿都町)

北海道の日本海側、寿都町で定置網漁業、牡蠣・ホタテ養殖を行っているマルホン小西漁業です。
『北海道寿都の海から、うまい魚を』を合言葉に、寿都の魚介類をよりおいしく食べてもらうため、生産現場でしかできないこだわりの活〆処理を施す『美味しい魚づくり』に日々挑戦しています。

商品詳細

活〆ニシン

北海道寿都産

1箱2kg程度(6~10匹前後)
※オスとメスが混ざっており、日々の漁獲状況によっては比率に多少の偏りがあります。

要冷蔵(10℃以下)

到着後は冷蔵保存の上、発送から5日以内にお召し上がりください。

有限会社マルホン小西漁業
北海道寿都郡寿都町字歌棄町有戸182-1